きょうの酒肴レシピ。 - 生姜焼き風厚切り肉のジンジャーポークソテー。
FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 生姜焼き風厚切り肉のジンジャーポークソテー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ゆのみ URL 2009-11-16 (月) 16:40

こんにちわ~ うーん生姜が香ってきそうなメニューです・・・そして、↓のナムル!なんて美味しそうなんだーーメモメモ~これはぜったい美味しい♪要チェックやー☆

pujipuji7 URL 2009-11-16 (月) 22:45

これは酒肴というより、立派なメインディッシュですねえ。
めっちゃ美味そう。特にその焼き色にじゅるじゅる~です☆

かおり URL 2009-11-17 (火) 00:06

遅くなりました~。やっと見れました!
いやすごいね!ますます腕あげてるね。
私は最近全然料理してないや。
また行った時ごちそうしてください(^o^)

説明が丁寧でいいね。
料理もさすがで、凝ってるね。
酒はほどほどにね!

こんな時間におなかすいてきたよ~。
でわでわ~!

はちこ。。 URL 2009-11-17 (火) 11:12

ゆのみさん♪

寒かったのでとにかく生姜生姜…とダメ押しです(笑)。
きっと豚肉との相乗効果で体にいい…かなとヾ(;´▽`A``

ナムル、たぶん想像通りの味ですがおいしいですよ~。
冬にかけてネギだけは冷蔵庫にあったりしますよね…(*´∇`*)

はちこ。。 URL 2009-11-17 (火) 11:23

pujipuji7さん♪


pujipuji7さんのブログに登場する洋食のお店のメニューを見ていたら
なんだか『洋食』っぽい分厚いソテーなんか食べたくなっちゃったのです(笑)。
凝ったソースはお店に任せよう…と(笑)生姜焼き風になりましたが
バターが入るせいかけっこう洋食してました☆

はちこ。。 URL 2009-11-17 (火) 11:32

かおりへ♪

やっと見つけてくれたか~(笑)ありがとう♪
かおりちゃんこそ外食や弁当もいいけどたまには
簡単なつまみくらいは作って体に気をつけて~(;´Д`A ```

来てくれればいつでもごちそう(とゆうほどでもないけど)
するので東京に来たら声をかけておくれ(*´∇`*)

しんしん URL 2009-11-17 (火) 13:03

お醤油と生姜なんですね。
濃厚なカンジなので、意外でしたΣ(゚ロ゚」)」
バターが入っているからかな?
>ソースに絡めると…ご飯というよりビールかワインが欲しくなります。
う~ん、納得!
あぁ、食欲を抑えられない。。。

花あじさい URL 2009-11-17 (火) 18:09

美味そうです(^^)
今日のは 写真でご飯いけそうです~♪
実は ポークソテー旦那さんがそこまで好きでないので
あまり作らないけど~実家の母がよく作ってくれてたので
懐かしいメニュウ~
ちょっと~試してみようかな~

はちこ。。 URL 2009-11-18 (水) 10:22

しんしんさん♪

ソースは焦がさない程度にしっかり煮詰める濃厚派なのですが、
スキレットだと余熱でも危険ですよね(笑)
材料が同じなのになんか生姜焼きとは違う…気がします(;´Д`A ```
赤ワインだったらもっとそれらしいのかな…と思うのですが
なかなか飲み残せなくて…(笑)

はちこ。。 URL 2009-11-18 (水) 10:30

花あじさいさん♪

実家の懐かしメニューにポークソテーなんて、ハイカラとゆうか
おしゃれなお家でうらやましいです(*´∇`*)
男の料理と思わせつつ、実は焼き加減が難しいんですよね~。
牛と違ってレアとゆうわけにいかないし、焼き過ぎれば硬くなってしまうし、
本を見ても中まで火を通せとしか書いていないし(;´Д`A ```
いつもナイフを入れる時はドキドキです(笑)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sakesakanablog.blog84.fc2.com/tb.php/146-55cb1bcc
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from きょうの酒肴レシピ。

Home > スポンサー広告 > 生姜焼き風厚切り肉のジンジャーポークソテー。

Home > 肉のレシピ。 > 生姜焼き風厚切り肉のジンジャーポークソテー。

生姜焼き風厚切り肉のジンジャーポークソテー。

ジンジャーポークソテー茹でジャガイモ添え画像

ポークソテーにはガーリックも好きですが、
連日寒かったので生姜たっぷりのソースにしました。
分厚い生姜焼きと言われればそれまでですが(笑)、
バターで焼き色を付けたジャガイモと一緒に
ソースに絡めると…ご飯というより
ビールかワインが欲しくなります。
豚肉は火を通さないと危険ですが、
通し過ぎれば硬くなってしまうので
9割焼けたらジャガイモでも焼きながら余熱で
火が通るのを待とう…とゆうレシピです。

材料》
豚ロース厚切り肉(とんかつ用など)…2枚
ジャガイモ…2ヶ

バター…大1
醤油…大3
酒…大3
みりん…大1.5
生姜…3片
小麦粉
塩、胡椒

作り方》
1.ジャガイモは流水でよく洗い、ピーラーの芽取りか包丁の角で芽を取って下さい。皮を剥いて半分に切り、10分程度水にさらしてから使用します。

2.豚厚切り肉は脂と赤身の境目に包丁の先を垂直に入れて筋を切っておきます。3~4センチ間隔で数カ所に筋切りをして下さい。トンテキ用など厚みが1.5センチを越える場合はラップをかけ、肉叩きで少し厚みを薄くしておいた方が上手く焼けます。塩胡椒して裏返し、裏面は表面の筋切りした箇所の間に筋切りをして塩胡椒します。

3.水にさらしておいた1のジャガイモをフライパンや鍋に並べ、2/3程度の高さまで水を注いで強めの中火にかけます。沸騰したら弱火にして、蓋をして蒸し茹でにします。※丸ごと茹でる場合は皮付きのまま鍋やフライパンに並べてやっとかぶるくらいの水を入れます。ジャガイモが重なってしまうような口径の小さい鍋は使わないで下さい。

4.フライパンやスキレットを強火で熱している間に豚厚切り肉に小麦粉をまぶします。フライパンやスキレットが温まったら油を引き、豚肉に付いた余分な小麦粉を払いながら並べて下さい。強火で豚肉の表面を10~20秒ほど焼き付けたら弱めの中火に落とし、反り返ってしまう場合はヘラなどで押さえつけてじっくりと焼きます。

5.4の豚厚切り肉は時々焼き色を確かめ、こんがりとおいしそうな焼き目が付いたところで裏返します。2枚とも裏返せたら蓋をしてそのまま弱めの中火で1~2分程度焼いて下さい。9割程火が通ったところで取り出したいのですが、肉の厚みや調理器具、火力にもよるので目で見たり焼き色で確かめて下さい。完全に火が通ってしまう少し手前の状態で皿に取り出し、心配ならアルミホイルなどかぶせておきます。

6.3のジャガイモの様子を見て、中まで火が通るまでに水がなくなりそうだったら少し足しておきます。竹串が真ん中まですっと刺さるようになるまで焦がさないよう弱火で加熱を続けて下さい。

7.5のフライパンから9割程度火が通った豚厚切り肉を取り出して火を止めます。ジャガイモの様子を見て中まで竹串が刺さるようになっていれば鍋を傾け、残りの水を捨てて下さい。火を強くして鍋をコンロに戻し、焦がさないよう注意しながら水分を飛ばしたら火を止めます。

8.豚厚切り肉を取り出したフライパンにバターを熱し、中火でジャガイモの表面を焼きます。すでに火は通っているのでバターを焦がさないよう注意しながら、軽く焼けたら火を止め、塩胡椒して皿に取り出して下さい。生姜2片をすり下ろし、1片を千切りかみじん切りにします。

9.分量の醤油、酒、みりんをフライパンに加えて火を点け、生姜のすり下ろしも加えます。中火で少し煮詰めながら味見をして好みでみりんか砂糖で甘味を調整して、火を止めてから生姜の千切りを混ぜ合せてソースを完成させます。5の豚厚切り肉と7のジャガイモを同じ皿に盛りつけ、ソースをかけて完成です。

コツ》
豚厚切り肉は焼き過ぎると硬くなってしまいますが、
半生では怖いので8~9割はフライパンで
加熱して、残りを余熱調理にして下さい。
ジャガイモを焼いたりソースの生姜など
用意していると最低でも3分はかかるので
いつもだいたいちょうどよく火が入るのですが、
個人差があるので心配な場合は豚肉を
フライパンに戻し入れて弱火でソースと
絡めるなどして下さい。
焼き加減以外は簡単です。

献立》
和風で組み立てるならこの辺と。
●キャベツと大根の揉み漬け、梅ダレポン酢和え。
●モロヘイヤとたたき山芋の梅肉ダレ和え。
●塩昆布と梅のさっぱり炊き込みご飯。

その他合わせているのは。
●モロヘイヤとトマトのスープ。
●水菜とベーコンの居酒屋風炒め。

ジャガイモの代わりに。
●酒の肴になるポテトサラダ、三種盛り【和芥子・梅・豆板醤】。

ワインだったらこうゆうのも…。
●残り野菜と茄子とセロリでカポナータ風。

いつか作ってもいいかなーとか
思ってくれたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 酒ブログ



→はじめての方へごあいさつ。
→お酒別・旬の野菜別レシピ検索ページへ。
→ジャガイモのつまみをもっと見る。
スポンサーサイト

Comments:10

ゆのみ URL 2009-11-16 (月) 16:40

こんにちわ~ うーん生姜が香ってきそうなメニューです・・・そして、↓のナムル!なんて美味しそうなんだーーメモメモ~これはぜったい美味しい♪要チェックやー☆

pujipuji7 URL 2009-11-16 (月) 22:45

これは酒肴というより、立派なメインディッシュですねえ。
めっちゃ美味そう。特にその焼き色にじゅるじゅる~です☆

かおり URL 2009-11-17 (火) 00:06

遅くなりました~。やっと見れました!
いやすごいね!ますます腕あげてるね。
私は最近全然料理してないや。
また行った時ごちそうしてください(^o^)

説明が丁寧でいいね。
料理もさすがで、凝ってるね。
酒はほどほどにね!

こんな時間におなかすいてきたよ~。
でわでわ~!

はちこ。。 URL 2009-11-17 (火) 11:12

ゆのみさん♪

寒かったのでとにかく生姜生姜…とダメ押しです(笑)。
きっと豚肉との相乗効果で体にいい…かなとヾ(;´▽`A``

ナムル、たぶん想像通りの味ですがおいしいですよ~。
冬にかけてネギだけは冷蔵庫にあったりしますよね…(*´∇`*)

はちこ。。 URL 2009-11-17 (火) 11:23

pujipuji7さん♪


pujipuji7さんのブログに登場する洋食のお店のメニューを見ていたら
なんだか『洋食』っぽい分厚いソテーなんか食べたくなっちゃったのです(笑)。
凝ったソースはお店に任せよう…と(笑)生姜焼き風になりましたが
バターが入るせいかけっこう洋食してました☆

はちこ。。 URL 2009-11-17 (火) 11:32

かおりへ♪

やっと見つけてくれたか~(笑)ありがとう♪
かおりちゃんこそ外食や弁当もいいけどたまには
簡単なつまみくらいは作って体に気をつけて~(;´Д`A ```

来てくれればいつでもごちそう(とゆうほどでもないけど)
するので東京に来たら声をかけておくれ(*´∇`*)

しんしん URL 2009-11-17 (火) 13:03

お醤油と生姜なんですね。
濃厚なカンジなので、意外でしたΣ(゚ロ゚」)」
バターが入っているからかな?
>ソースに絡めると…ご飯というよりビールかワインが欲しくなります。
う~ん、納得!
あぁ、食欲を抑えられない。。。

花あじさい URL 2009-11-17 (火) 18:09

美味そうです(^^)
今日のは 写真でご飯いけそうです~♪
実は ポークソテー旦那さんがそこまで好きでないので
あまり作らないけど~実家の母がよく作ってくれてたので
懐かしいメニュウ~
ちょっと~試してみようかな~

はちこ。。 URL 2009-11-18 (水) 10:22

しんしんさん♪

ソースは焦がさない程度にしっかり煮詰める濃厚派なのですが、
スキレットだと余熱でも危険ですよね(笑)
材料が同じなのになんか生姜焼きとは違う…気がします(;´Д`A ```
赤ワインだったらもっとそれらしいのかな…と思うのですが
なかなか飲み残せなくて…(笑)

はちこ。。 URL 2009-11-18 (水) 10:30

花あじさいさん♪

実家の懐かしメニューにポークソテーなんて、ハイカラとゆうか
おしゃれなお家でうらやましいです(*´∇`*)
男の料理と思わせつつ、実は焼き加減が難しいんですよね~。
牛と違ってレアとゆうわけにいかないし、焼き過ぎれば硬くなってしまうし、
本を見ても中まで火を通せとしか書いていないし(;´Д`A ```
いつもナイフを入れる時はドキドキです(笑)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sakesakanablog.blog84.fc2.com/tb.php/146-55cb1bcc
Listed below are links to weblogs that reference
生姜焼き風厚切り肉のジンジャーポークソテー。 from きょうの酒肴レシピ。

Home > 肉のレシピ。 > 生姜焼き風厚切り肉のジンジャーポークソテー。

Search
Meta
  • このブログをリンクに追加する
  • 管理者ページ
  • 当サイトはリンクフリーです。↓のタグをあなたのHPにコピペするだけでリンクできます。
Links
Feeds
           
Absense
参加中Ranking

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。