きょうの酒肴レシピ。 - 梅じそ入り薄切り肉の重ねとんかつ。

Home > スポンサー広告 > 梅じそ入り薄切り肉の重ねとんかつ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

しんしん URL 2009-11-06 (金) 13:11

重ねトンカツ、もうそろそろやろうかと思っていたが。。。
先を越されてしまった。。。
というより、梅じそ入りで、さらに進化している。。。
(T_T)

ただのトンカツだけだとさみしいから、変わりカツって大切♪
我が家はしそチーズ入りが定番です(´艸 `*)

はちこ。。 URL 2009-11-06 (金) 23:01

しんしんさん♪

またもやかぶってしまいましたか…(>▽<;;
揚げたてとんかつって肉さえおいしければ
よほどの事がない限りまずくはならないですよね(笑)
遠く(でもないけど)買いに行くのが面倒で…(^▽^;)
紫蘇チーズいいですね~☆次回食べてみます♪

酒呑親爺 URL 2009-11-07 (土) 09:27

> 通常2センチ程度ずらしながらパックに詰められて売っていると思うの> > で、そのまま形を崩さないで梅と青じそを挟んで
・・・、ここのところが良いですね。
きっと真面目なノウハウなのでしょうが、スーパーで買ってきたパックをそのまま、なんとか・・・、ちょっと手抜きをしているようにも見える姿が微笑ましいです。

はちこ。。 URL 2009-11-07 (土) 11:11

親爺さん♪

手抜きですね…(笑)
肉同士が意外としっかりくっついているもので、
丁寧にしないと剥がす時破れちゃったりするので、
『せっかくきれいに整列してるし、このままでいいか』…。
それに値段もとんかつ用ロースの半分です(笑)
でもどこを食べても柔らかくてジューシーなんですよ(*´∇`*)

ゆのみ URL 2009-11-07 (土) 18:32

こんにちわ~☆ 重ねとんかつ、いいですね!具材を変えれば色んな味を楽しめる^^昔、『ミスターあじっこ』(・・・知ってる?)っていう漫画で初めて重ねとんかつを見て驚愕した覚えがあります(笑) ところで、先日のキャベツと大根の揉み漬け、レシピを参考にさせていただいたの~とっても美味しくできました♪ 後日アップさせていただきますね!そのとき、はちこ。。さんちのリンクさせてくださいね~^^ またアップしたらご報告します☆

pujipuji7 URL 2009-11-07 (土) 21:55

ぽん酢と梅じそで、さっぱり和風のとんかつですね。
今日も美味しそう!
パックのまま、くるくるっ・・・って確かにいいアイディアですね~。マネさせていただきます^^

はちこ。。 URL 2009-11-08 (日) 18:37

ゆのみさん♪

重ねとんかつ、リーズナブルです(笑)
ミスター味っ子なつかしい…結構面白かったですよね(*´∇`*)
今でも飲食店の漫画の棚に置いてあると懐かしくて必ず読んでしまうのですが、
味っ子も重ねとんかつにやっぱり気づいていましたか~☆節約家ですね(笑)
揉み漬け作っていただけて感激です♪
やっぱり作ってもらえるのがなにより嬉しいですね…(泣)
アップされる日を心待ちにしておりますヾ(@~▽~@)ノ

はちこ。。 URL 2009-11-08 (日) 18:46

pujipuji7さん♪

わたしはなぜかとんかつにはソースより大根おろしと青じそドレッシング…の
組み合わせが昔から好きだったので、これはかなり好きな味なのです♪
とんかつ揚げるとなると揚げ油とか手間とか掃除とか…考えてるうちに
いつの間にか、今度お店で食べるか!そうしよう!…となってしまうのですが(笑)
パン粉を細目に変えてカツレツだと思えばちょっと頑張れるので
ぜひぜひ真似してください(*´∇`*)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sakesakanablog.blog84.fc2.com/tb.php/142-e3d72eb1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from きょうの酒肴レシピ。

Home > スポンサー広告 > 梅じそ入り薄切り肉の重ねとんかつ。

Home > 肉のレシピ。 > 梅じそ入り薄切り肉の重ねとんかつ。

梅じそ入り薄切り肉の重ねとんかつ。

梅紫蘇挟み豚もも薄切り肉の重ねトンカツ画像

とんかつ用の肉が高くても、売り切れでも、
今日はとんかつが食べたい…と
思ってしまったので豚もも薄切り肉で(笑)。

通常2センチ程度ずらしながらパックに
詰められて売っていると思うので、
そのまま形を崩さないで梅と青じそを
挟んで揚げてしまいます。
大きさや形を気にする場合は
1枚ずつ広げてから重ね直せば
ボリュームも調整できます。
カツレツのように少ない油で焼くように
揚げるので揚げ物より手軽です。
そしてキャベツより絶対水菜が合います。

材料》
豚もも薄切り肉…200~250g
水菜…1/2束
大根…10センチ

梅干し…4ヶ
青じそ…10枚
卵…1ヶ
パン粉(細目)
小麦粉

胡椒
ポン酢

作り方》
1.梅干しは種を取って包丁で叩いておきます。青じそは飛び出した茎の部分を切り落として洗っておきます。パン粉の目が荒い場合はポリ袋などに入れて瓶の底やすりこぎで叩いて細かくして下さい。大根は皮を薄く剥いてすり下ろし、ざるに上げて汁気を切っておきます。水菜は長さを4センチ程度に切ってよく洗い、水気を切っておいて下さい。

2.豚もも薄切り肉が1枚ずつずらしながらパック詰めされている場合は形を崩さないようフライ返しなどにのせてパックからそのままの形でまな板の上に取り出します。1枚ずつ折ってあったり、バラバラにパック詰めされている場合は1枚ずつ広げながら取り出して、長い方の辺を1~2センチずつずらしながら階段状に並べて下さい。後で長さを2等分しますが、揚げる時に大きすぎると思ったら幅を狭めて調整します。

3.2の豚もも肉の形が決まったら、肉と肉の間に叩いた梅干しと青じそを交互に挟みます。梅干しはバターナイフなどで肉になるべく均等に塗り付け、青じそは横にして2~3枚ずつ挟み込みます。豚もも肉が何枚あるかはその時々なので、青じそが足りなければ青じそを縦半分に切って挟み込むなど調整して下さい。

4.豚もも肉の間に具を全て挟み込んだら軽く塩胡椒を振ります。梅干しも入っているので上の面だけで十分です。塩胡椒できたら長さを半分に切って下さい。

5.小さいボウルや椀に卵を割り入れ、よくかき混ぜてから、深さのある大きめの皿やバット(豚もも肉が収まる大きさ)に溶き卵を流し込んでおきます。もう1つバットか皿を用意してパン粉を敷き詰めておいて下さい。

6.4の豚もも肉をまな板に置いたまま小麦粉を振ります。茶こしなどあれば万全ですが、なければボウルなどでふるって全体にまぶして下さい。全体に小麦粉が付いたら手の平をそっと当てて軽く押さえてから裏返します。形が崩れそうならフライ返しやヘラにスライドさせてからひっくり返して下さい。裏面も同様に小麦粉をふるったら、手の平で軽く叩いて余分な粉を落とします。

7.豚もも肉をそのままの形でフライ返しに乗せ、5で用意した卵液のバットにフライ返しからスライドさせつつ落とします。さらにフライ返しですくって裏側も同様に卵液をまんべんなく付け、パン粉のバットに移します。もう1枚も同様にしてパン粉のバットまで移動できたら、上からパン粉をかけて手の平で優しく押さえて下さい。

8.フライパンに1センチ程度の油を熱し、弱めの中火にして7の豚もも肉を並べます。時々フライパンを傾けてスプーンで油をすくい、豚もも肉に回しかけて下さい。この時豚もも肉には触らないようにして、じっくり下の面に焼き色をつけます。

8.下の面に焼き色が付いたらフライ返しで裏返し、裏面も同様に揚げ焼きにして下さい。油切り用の網を用意して、揚げ焼きできたものから油切りします。皿に水菜とともに盛りつけ、汁気を切った大根おろしをたっぷり乗せてポン酢をかけて完成です。水菜にはマヨネーズを添え、食べる時にポン酢をかけて下さい。

コツ》
薄切り肉で作るのでカツレツのように
細目のパン粉が合います。
なければ作り方1にもあるように
中目のパン粉を砕けば細かくできます。

パックの状態から形を崩さないで作ると、
意外にしっかり密着しているので
思っているほど扱いにくくないかと思います。
あまり時間をかけていると肉がだれてくるので
崩れやすくなって扱いにくいかと思うので、
冷蔵庫から出したら早めに調理することを
おすすめします…。

ポン酢の代わりに青じそドレッシング、
和風ドレッシングなどお試し下さい。
余裕があれば自家製の青じそドレッシングが
よく合うのでこちらも参考に…。
●モロヘイヤの自家製青じそドレッシング和え。

献立》
とんかつですがかなり和風なのでこの辺から。
●オクラとモロヘイヤの小鉢。
●山形郷土料理『だし』のせ冷や奴。
●モロヘイヤの自家製青じそドレッシング和え。
●酒の肴になるポテトサラダ、三種盛り【和芥子・梅・豆板醤】。

おまけレシピ》
豚もも肉の間には、ピザ用チーズや
ニンニクの薄切りなども挟めます。
トマトソースやトマトペーストを塗って
チーズを挟めばイタリアン風ですが、
ペーコンとニンニク、パジルペーストと
チーズなどお好みの組み合わせで
お試し下さい…。

いつか作ってもいいかなーとか
思ってくれたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 酒ブログ



→はじめての方へごあいさつ。
→お酒別・旬の野菜別レシピ検索ページへ。
→水菜のつまみをもっと見る。
→紫蘇のつまみをもっと見る。
→その他肉のレシピはこちら。
スポンサーサイト

Comments:8

しんしん URL 2009-11-06 (金) 13:11

重ねトンカツ、もうそろそろやろうかと思っていたが。。。
先を越されてしまった。。。
というより、梅じそ入りで、さらに進化している。。。
(T_T)

ただのトンカツだけだとさみしいから、変わりカツって大切♪
我が家はしそチーズ入りが定番です(´艸 `*)

はちこ。。 URL 2009-11-06 (金) 23:01

しんしんさん♪

またもやかぶってしまいましたか…(>▽<;;
揚げたてとんかつって肉さえおいしければ
よほどの事がない限りまずくはならないですよね(笑)
遠く(でもないけど)買いに行くのが面倒で…(^▽^;)
紫蘇チーズいいですね~☆次回食べてみます♪

酒呑親爺 URL 2009-11-07 (土) 09:27

> 通常2センチ程度ずらしながらパックに詰められて売っていると思うの> > で、そのまま形を崩さないで梅と青じそを挟んで
・・・、ここのところが良いですね。
きっと真面目なノウハウなのでしょうが、スーパーで買ってきたパックをそのまま、なんとか・・・、ちょっと手抜きをしているようにも見える姿が微笑ましいです。

はちこ。。 URL 2009-11-07 (土) 11:11

親爺さん♪

手抜きですね…(笑)
肉同士が意外としっかりくっついているもので、
丁寧にしないと剥がす時破れちゃったりするので、
『せっかくきれいに整列してるし、このままでいいか』…。
それに値段もとんかつ用ロースの半分です(笑)
でもどこを食べても柔らかくてジューシーなんですよ(*´∇`*)

ゆのみ URL 2009-11-07 (土) 18:32

こんにちわ~☆ 重ねとんかつ、いいですね!具材を変えれば色んな味を楽しめる^^昔、『ミスターあじっこ』(・・・知ってる?)っていう漫画で初めて重ねとんかつを見て驚愕した覚えがあります(笑) ところで、先日のキャベツと大根の揉み漬け、レシピを参考にさせていただいたの~とっても美味しくできました♪ 後日アップさせていただきますね!そのとき、はちこ。。さんちのリンクさせてくださいね~^^ またアップしたらご報告します☆

pujipuji7 URL 2009-11-07 (土) 21:55

ぽん酢と梅じそで、さっぱり和風のとんかつですね。
今日も美味しそう!
パックのまま、くるくるっ・・・って確かにいいアイディアですね~。マネさせていただきます^^

はちこ。。 URL 2009-11-08 (日) 18:37

ゆのみさん♪

重ねとんかつ、リーズナブルです(笑)
ミスター味っ子なつかしい…結構面白かったですよね(*´∇`*)
今でも飲食店の漫画の棚に置いてあると懐かしくて必ず読んでしまうのですが、
味っ子も重ねとんかつにやっぱり気づいていましたか~☆節約家ですね(笑)
揉み漬け作っていただけて感激です♪
やっぱり作ってもらえるのがなにより嬉しいですね…(泣)
アップされる日を心待ちにしておりますヾ(@~▽~@)ノ

はちこ。。 URL 2009-11-08 (日) 18:46

pujipuji7さん♪

わたしはなぜかとんかつにはソースより大根おろしと青じそドレッシング…の
組み合わせが昔から好きだったので、これはかなり好きな味なのです♪
とんかつ揚げるとなると揚げ油とか手間とか掃除とか…考えてるうちに
いつの間にか、今度お店で食べるか!そうしよう!…となってしまうのですが(笑)
パン粉を細目に変えてカツレツだと思えばちょっと頑張れるので
ぜひぜひ真似してください(*´∇`*)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sakesakanablog.blog84.fc2.com/tb.php/142-e3d72eb1
Listed below are links to weblogs that reference
梅じそ入り薄切り肉の重ねとんかつ。 from きょうの酒肴レシピ。

Home > 肉のレシピ。 > 梅じそ入り薄切り肉の重ねとんかつ。

Search
Meta
  • このブログをリンクに追加する
  • 管理者ページ
  • 当サイトはリンクフリーです。↓のタグをあなたのHPにコピペするだけでリンクできます。
Links
Feeds
           
Absense
参加中Ranking

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。