きょうの酒肴レシピ。 - ピーマンと根菜と挽き肉のキンピラ風炒め煮。

Home > スポンサー広告 > ピーマンと根菜と挽き肉のキンピラ風炒め煮。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

pujipuji7 URL 2009-10-10 (土) 16:38

豪華なきんぴら!ビールのあてでいただきたいです~☆

はちこ。。 URL 2009-10-10 (土) 16:54

pujipuji7さん♪

きんぴらってめちゃくちゃおいしいとか
絶対食べたいとかじゃないけど、
あったらいつの間にかあるだけ食べちゃいます(笑)。

飲み屋のカウンターに大鉢で置いてある作り置き惣菜も、
特に好きじゃないけどやたらおいしそうに見える…
のはわたしだけでしょうか…(・Θ・;)。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sakesakanablog.blog84.fc2.com/tb.php/123-83873471
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from きょうの酒肴レシピ。

Home > スポンサー広告 > ピーマンと根菜と挽き肉のキンピラ風炒め煮。

Home > 野菜のレシピ。 > ピーマンと根菜と挽き肉のキンピラ風炒め煮。

ピーマンと根菜と挽き肉のキンピラ風炒め煮。

ピーマンと残り根菜のキンピラ風炒め煮画像

ピーマンのキンピラは大好きな酒の肴です。
コレに関してはピーマンだけ!の方が好きなのですが、
残っていた根菜も片付けたかったので
挽き肉を加えてちょっと豪華にしてみました。
ピーマンだけ、とか人参だけ、レンコンだけ、の
キンピラは好きなのになぜかキンピラゴボウ、と
一般的に言われる人参とゴボウの組み合わせは
テンションが上がらないのです…。
※レシピは2人で食べるとおかずになるくらいの
量なので、肴にするなら分量を半分にするか、
残りは常備菜として明日のおかずか肴に…。

材料》
豚挽き肉…100g
ピーマン…3ヶ
ゴボウ…1/2本
レンコン…5センチ
人参…5センチ
鷹の爪…1~2本
醤油…大2

※合わせ調味料
きび砂糖…大1
みりん…大2
酒…大2
水…大2

ごま油
白ゴマ
七味唐辛子


作り方》
1.水2カップに小さじ2の酢を混ぜてアク抜き用の酢水を作ります。ゴボウはよく洗い、包丁の背で皮をこそげてから5センチ長さに切り、すりこぎや瓶の角などで叩いて繊維に傷をつけてから太めの千切りにして、切ったものから酢水に漬けます。こうすると味が染みますが、シャキシャキが好きならそのままマッチ棒状に切っても。

2.レンコンはピーラーで皮を剥いて縦に5ミリ程度の厚さに切ったものをまな板に寝かせて5ミリ幅に切ります。穴が開いているので適当に調節して下さい。小さめのざるがあればそこに入れてざるごとゴボウと一緒の酢水に漬けておきます。 ゴボウとレンコンを酢水に漬けるのは10分程度にして下さい。風味が抜けてしまいます。

3.人参もピーラーで皮を剥いて縦に薄く切ってから千切りにします。ピーマンは縦半分に切って種を取り除き、細切りに。鷹の爪は縦に切り込みを入れて種を取っておきます。合わせ調味料は混ぜておいて下さい。10分酢水にさらしたゴボウとレンコンの水気を切ります。

4.フライパンにごま油と鷹の爪を入れて弱火にかけます。ごま油が温まってきたら焦げないよう鷹の爪はいったん取り出して下さい。中火にして豚挽き肉を加えて炒め、しっかり火が通ってからゴボウを加えて炒めます。

5.2分程度炒めてから人参、レンコンを加えます。さらに2~3分炒めて人参がしんなりしてきたら合わせ調味料を加えて中火で炒め煮にします。

6.水分がまだ残っている状態でピーマンと醤油を加えます。焦げ付きそうなら弱火に落として混ぜ続けながら完全に水分がなくなるまで焦がさないよう炒め続けて下さい。途中で味見をして必要ならば調味料を足して好みの味に調えて下さい。

7.完全に水分が飛んでパラパラになったら火を止め、ごま油を数滴たらして白ゴマを好きなだけ混ぜます。器に盛りつけて七味唐辛子を振り、取り出しておいた鷹の爪を飾って完成です。

コツ》
きび砂糖の代わりに上白糖を使う場合は
量を減らして下さい。

噛み応えがあって味が染みているゴボウが好きなので
叩いてから太めに切っていますが、好みだと思うので
ささがきでも超細切りでもお好きなように切って下さい。
火が通りやすい切り方(ささがきなどとくに)で
切った場合は、合わせ調味料の水は
いらないかと思います。

仕上げの段階では完全に汁気が
なくなるまで炒めて下さい。
焦げやすいので火加減に注意しながら
手は止めないで下さい。

献立》
和食の友です。
●ピリ辛鯖の竜田揚げ、もみじおろしポン酢。
●豚しゃぶの和風きのこワサビあんかけ。
●ニラと玉子の味噌汁。

作り置き仲間。
●山形郷土料理『だし』のせ冷や奴。
●白だしでさっぱり揚げ浸し。
●簡単手作りネギ塩ダレの奴とアレンジ法。

おまけレシピ》
ピーマンだけ、ししとうだけのキンピラは、
すぐに火が通るので焦げないように砂糖は入れず、
醤油とみりん、酒を2:2:1にして作っています。
挽き肉は入れないのでだしが欲しい場合は
だし醤油で作ると簡単です。
すでに煮詰めてあるものですが、
みりんが少なめなのでみりん少々で割って
ジャッと回しかけてしまいます。
甘くしたければ砂糖を加えてもいいし、
こうゆうものは食べ慣れた味が
一番おいしいと思うので配合はお好みで…。
根菜のキンピラは味を染み込ませたいので、
焦げ付かないよう水で薄めて使います。

だし醤油の作り方はこちら↓。
●山形郷土料理『だし』のせ冷や奴。

いつか作ってもいいかなーとか
思ってくれたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 酒ブログ

→はじめての方へごあいさつ。
→お酒別・旬の野菜別レシピ検索ページへ。
→ピーマンのつまみをもっと見る。
→人参のつまみをもっと見る。

スポンサーサイト

Comments:2

pujipuji7 URL 2009-10-10 (土) 16:38

豪華なきんぴら!ビールのあてでいただきたいです~☆

はちこ。。 URL 2009-10-10 (土) 16:54

pujipuji7さん♪

きんぴらってめちゃくちゃおいしいとか
絶対食べたいとかじゃないけど、
あったらいつの間にかあるだけ食べちゃいます(笑)。

飲み屋のカウンターに大鉢で置いてある作り置き惣菜も、
特に好きじゃないけどやたらおいしそうに見える…
のはわたしだけでしょうか…(・Θ・;)。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sakesakanablog.blog84.fc2.com/tb.php/123-83873471
Listed below are links to weblogs that reference
ピーマンと根菜と挽き肉のキンピラ風炒め煮。 from きょうの酒肴レシピ。

Home > 野菜のレシピ。 > ピーマンと根菜と挽き肉のキンピラ風炒め煮。

Search
Meta
  • このブログをリンクに追加する
  • 管理者ページ
  • 当サイトはリンクフリーです。↓のタグをあなたのHPにコピペするだけでリンクできます。
Links
Feeds
           
Absense
参加中Ranking

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。