きょうの酒肴レシピ。 - カレーのレシピ。

Home > カレーのレシピ。

カレーのレシピ。 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

野菜キーマカレー。

キーマカレー

野菜を数種類合わせて簡単に作っています。
野菜が多ければ水の量を減らして
野菜の水分で煮込むので
分量を気にせず作ってみて下さい。

材料》
豚挽き肉…150~200g
茄子…1本
タマネギ…1ヶ
セロリ…1/3本
人参…3センチ
トマト…2ヶ
※この他、キャベツやズッキーニ、大根、ピーマンなど
余っている野菜があれば少しずつ。

バター…大2
唐辛子…1本
ニンニク…1片
生姜…1片
カレー粉…小2
辛口カレールウ…1かけ
固形チキンブイヨン…1ヶ
ガラムマサラ…お好み


作り方》
1.タマネギとセロリ、人参をみじん切りに、残りの野菜は全て1センチ角の角切りにしていきます。

2.厚手の鍋にバターと唐辛子を入れて弱火で熱し、唐辛子が焦げる前に取り出します。1のタマネギを入れたら中火に変えて20分ほど炒めます。

3.2の鍋にセロリと人参のみじん切りも加えてさらに10分炒めます。残り野菜を入れる場合はここで硬い順に投入していきます。※ピーマンと茄子はまだ入れない。

4.残り野菜に油が回ったらすりおろしたニンニクと生姜も加えて5分程度さらに炒め、カレー粉を入れて弱火で馴染ませます。

5.粉っぽくなくなったらトマトの角切りと挽き肉を加えて中火に戻し、挽き肉に完全に火が通るまで炒めます。

6.茄子とピーマンを鍋に入れた後、300ccを目安に水を入れていきますが、野菜が多い場合はひたひた程度にします。固形チキンブイヨンを砕いて入れ、アクを取りながら焦げないよう気をつけ、蓋をしないで中火で煮込んでいきます。

7.10分もすれば茄子に火が通りますのでカレールウを1かけら溶かしてみます。味見をして濃すぎると感じればお湯を少しずつ足して調整しながらとろみをつけていきます。

8.5分ほど混ぜながら煮込んで好みの濃度になったら、味見をしながら塩少々とガラムマサラを加えて火を止めます。スパイスが馴染むまで少し冷ましておき、食べる直前に弱火で温め直してご飯とともに皿に盛りつけて完成です。

コツ》
ルウを使うので野菜を焦げつかせなければ
失敗しないと思います。
辛いのが好きな方はカレー粉と一緒に
チリペッパーなど炒めて下さい。
最後の味見の段階で物足りなければ
好みでお醤油やナンプラーなど加えても。

おまけレシピ》
ルウは使わずカレー粉だけで仕上げたい場合は、
カレー粉の分量を大2に増量し、
ガラムマサラとチリペッパーも同時に炒めておきます。
生トマトではなくホールトマト1缶を
つぶしながら加え、お水は入れずに塩小1/3と
固形チキンブイヨンとともに煮込んでいきます。
煮込み時間で濃度の調整をして、
(15~30分)塩で味を調えて完成です。


いつか作ってもいいかなーとか
思ってくれたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 酒ブログ

テクノラティ タグ:     


→はじめての方へごあいさつ。
→お酒別・旬の野菜別レシピ検索ページへ。
→茄子のつまみをもっと見る。
その他カレーレシピ↓
●揚げ野菜トッピング大根入りタイカレー。 ↓この記事に関連した調理器具や調味料。

Continue reading

  • Comments: 0
  • TrackBack: 0

揚げ野菜トッピング大根入りタイカレー。

チキンと大根入りタイカレー揚げ野菜トッピング

写真はタイカレーの中でも
グリーンカレーペーストを使用。
イエロー、レッド、グリーンの順に辛いようですが
作り方は同じです。
ホワイトアスパラガスやたけのこを
使うのが本場ですが、
冷蔵庫にあるいつもの野菜だけで作れます。
なぜなら自分が苦手なので、
好きな野菜だけで作っています。

材料》
鶏骨付き肉…5本くらい
(または鶏もも肉1枚)
大根…1/8本
茄子…1本
ピーマン…1個
パプリカ…1個

タイカレーペースト(市販)…1袋
ココナッツミルク缶…1缶
生姜…一片
ニンニク…一片
あればチリペッパー…お好み
あればこぶみかんの葉…3~4枚
砂糖…小1
鶏ガラスープの素…小2くらい
ナンプラー…小2くらい
塩、胡椒

作り方》
1.鶏骨付き肉、または鶏もも肉1枚の水気を拭き、軽く塩こしょう。もも肉の場合は大きめ(4等分くらい)にぶつ切り。大根を大きめの拍子切りにする。

2.フライパンやスキレットに油をひき、強火で1の肉を皮目から焼き、おいしそうな焼き目のみつけて取り出す。

3.鍋に生姜とニンニクのみじん切り、油大2を入れて弱火で熱し、香りが出て来たらペーストも加えて炒める。

4.大根と2の鶏肉を加えてペーストに絡ませながら炒めます。激辛にしたければチリペッパーも振っておきます。

5.水300~400CC、鶏ガラスープの素、あればこぶみかんの葉を入れて強火で沸騰させ、軽くアクをすくって蓋をしたら弱火で煮込んでいきます。

6.鶏肉に火が通って大根も透き通ったら砂糖とココナッツミルク缶を加えて5分ほど弱火で煮込みます。

7.ナンプラー小さじ2を加えてみて味見しながら量を決める。濃厚過ぎたりしょっぱすぎなら水で調整。ナンプラーが苦手なら醤油と塩少々で調えます。

8.お好みの形に切って塩水でアク抜きした茄子、種を取って縦2等分したピーマン、縦3~4等分したパプリカに塩胡椒少々を振り、多めの油で炒め揚げしてトッピングして完成。

コツ》
ペーストを炒めるとき香りを吸い過ぎるとクラっとするので
窓など開けて換気するのをおすすめします。
この料理の最大のコツはココナッツミルク缶をよく振ってから開けることです。
ボウルなどに開けてからよく混ぜてもいいのですが、
冬場など振ってみて重い場合は成分が分離していて、
開けてからだと混ぜるのが大変です。
鍋に入れてからでは取り返しのつかない事になるので
開ける前に軽く感じるまで必ずよく振って下さい。

献立》
問題なく合うのは同じタイ料理。
●タイのラープ風鶏挽き肉の辛いサラダ。

この辺も合います。
●モロヘイヤとトマトのスープ。
●ジャガイモとピーマンのアンチョビガーリック炒め。
●白身魚の青じそガーリックレモンソテー。

おまけレシピ》
ちょっと残ししたカレーを水と鶏ガラスープの素で薄め、
必要ならナンプラーや塩で味を調えたところに
固めに戻した春雨を入れてヌードルにすると二度おいしいです。

いつか作ってもいいかなーとか
思ってくれたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 酒ブログ

テクノラティ タグ:     


→はじめての方へごあいさつ。
→お酒別・旬の野菜別レシピ検索ページへ。
→茄子のつまみをもっと見る。
→その他カレーレシピはこちら。 ↓この記事に関連した調理器具や調味料。

Continue reading

  • Comments: 0
  • TrackBack: 0

Home > カレーのレシピ。

Search
Meta
  • このブログをリンクに追加する
  • 管理者ページ
  • 当サイトはリンクフリーです。↓のタグをあなたのHPにコピペするだけでリンクできます。
Links
Feeds
           
Absense
参加中Ranking

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。